2023.03.16
プレスリリース

ディーフは2023年シーズンも日産メカニックチャレンジを応援します! ─ KONDO RACING スーパーGT300クラス、TEAM ZEROONE スーパー耐久

ディーフ株式会社(社長:荒木 徹、本社:東京都港区)は、日産自動車株式会社と専門学校 日産自動車大学校が実施する人材育成プログラム「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」の理念に賛同し、2023年シーズンも継続して日産メカニックチャレンジを応援します。

ディーフ株式会社は2019年よりKONDO RACING、2022年よりTEAM ZEROONEとオフィシャルスポンサー契約を締結し、日産メカニックチャレンジを始めモータースポーツならびに自動車文化を盛り上げるべく活動しています。


■SUPER GT GT300クラス


ゼッケン:No.56
車両名:リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R
監督:近藤 真彦
ドライバー:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/名取 鉄平

※SUPER GTとは、高性能な市販乗用車のGTカーをベースにしたレーシングカーで行われるレースのシリーズ戦です。GTとはGrand Touring(グランドツーリング)の略称で、長距離を高速で快適に移動できるグレードを意味します。これをルールの範囲内で極限までチューニングをした車両で2023年は8戦開催されます。日本国内で開催されるシリーズ戦では最高峰の自動車レースです


■スーパー耐久 ST-3クラス


ゼッケン:No.25
車両名:raffinee日産メカニックチャレンジZ
監督:河野 初樹
ゼネラルアドバイザー:柳田 真孝
ドライバー:西村 元希/松田 次生/佐藤 公哉/藤原 大暉


■スーパー耐久 ST-Zクラス


ゼッケン:No.26
車両名:raffinee日産メカニックチャレンジZ GT4
監督:河野 初樹
ゼネラルアドバイザー:柳田 真孝
ドライバー:大塚 隆一郎 /富田 竜一郎/名取 鉄平/篠原 拓朗

※スーパー耐久とは、自動車レースへの参加の敷居を下げて一般からの参加をしやすくしたカテゴリです。そのため改造範囲は狭く、エンジンの排気量や駆動方法などで複数のクラスに分けられています。また、勝つことよりも車両開発や人材育成の場としての一面もあり、自動車市場やモータースポートの活性化にも寄与していくことを目指しています。2023年は全国のサーキットで全7戦開催されます。複数のクラスが同時に長時間走行することから見どころも多く人気のシリーズです

●NISSAN MECHANIC CHALLENGE とは
プロジェクトスタートは、2012年に「ひとりでも多くの若者をクルマ好きにしたい」という思いから日産自動車大学校とKONDO RACINGがスーパー耐久レースシリーズに日産自動車大学校学生と共に日産GT-Rでチャレンジを開始したことが原点となっています。そして2019年、全国の日産販売会社から選抜されたTSも加わり参加レースを国内最高峰のスーパーGT GT300に変更、オール日産の人材育成を目的としたモータースポーツ活動「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」となりました。

2022年、さらにプロジェクト参加のTSおよび学生の参加数を増やし、より整備作業、レース競技に深く関わりをもてるようにGT300に加えてスーパー耐久レースシリーズに原点回帰し参戦、2023年からは新型Z GT4を加え2台体制でプロジェクトを拡大していきます。

ARCHIVES

  • 2024 (3)
  • 2023 (26)
  • 2022 (41)
  • 2021 (33)
  • 2020 (59)
  • 2019 (67)
  • 2018 (44)
  • 2017 (41)
  • 2016 (46)
  • 2015 (75)
  • 2014 (36)




DeffとLINEで友だちになる(スマホのみ)
↑ぜひLINEでお友だちになってください。
最新情報やお買い得情報、LINE@限定情報など配信中!


パソコンの方は↑のQRコードからスマホで読み取っていただくか、
LINEにて「友達追加」→「ID検索」→「@hnd2247f」で検索してください。



Instagram
↑InstagramにDeff公式アカウント開設しました
ページの先頭へ戻る