2014.12.11
プレスリリース

アルミニウムとカーボンファイバーの組合せによるハイブリッドバンパーが、スバル公式コラボレーションアイテムとして、SUBARUオンラインショップにて販売開始

ディーフ株式会社(社長:荒木 徹、本社:東京都港区)は、富士重工業株式会社(社長:吉永 泰之、本社:東京都渋谷区)の公式コラボレーションアイテムとして、特別仕様のアルミニウムバンパー2種を供給しました。

 

ベースモデルは、アルミニウムとカーボンファイバーを組み合わせが特徴の、米アップル社製スマートフォン iPhone 6, iPhone 6 Plus向け「CLEAVE Hybrid Bumper for iPhone 6/iPhone 6 Plus」です。アルミニウム部は富士重工業株式会社(以下スバル)をイメージさせるブルー(スバルブルー)にアルマイトカラーリングを施し、両側面には六連星エンブレムとSUBARUのカンパニーロゴをレーザープリントしました。

 

レーシーなイメージを醸し出すカーボンファイバーとアルミニウムを組合せたバンパーは、モータースポーツ活動を積極的に行うスバルのイメージに相応しい仕上がりとなっています。

 

製品は「カーボン×アルミ HYBRIDバンパー」として、本日よりSUBARUオンラインショップ内にて順次販売されます。

 

関連リンク

 SUBARUオンラインショップ http://www.subaruonline.jp

 

 新着情報 http://www.subaruonline.jp/topics/news_141211.html

 

 製品ページ http://www.subaruonline.jp/subaru/fashion/FHDF14146001

 

 

ベースモデル「CLEAVE Hybrid Bumper for iPhone 6/iPhone 6 Plus」の主な特長

さまざまな工業製品に使われる信頼性の高く軽量なA6063アルミニウム合金と、新世代素材のカーボンファイバー(炭素繊維)を組み合わせた新しいバンパーです。アルミニウム製の滑らかな三次元曲線を描くサイドパーツと、ボリュームのあるカーボンファイバー製パーツが融合したシルエットが魅惑します。

 

アルミニウム素材にはA6063を採用しました。加工性と強度、軽量さに優れた材料です。これを高精度CNC(※1)切削加工にて、ひとつひとつ削り出しています。ボタンや固定ネジなどの部品も同じ素材から削り出されたものです。機械だけではなく人の手も加わるなど、多くの工程により美しく仕上げました。表面処理には摩擦に強く、発色の美しいアルマイト処理を施しています。

 

カーボンファイバー部には、航空機やレーシングカーに用いられるドライカーボンを採用しています。積層時に使用する樹脂を加熱、加圧処理で極限まで減らし、強靱さと軽量化が施された究極の素材です。ジョイント部やストラップフックにもカーボンファイバー製のパーツが使われた贅沢な造りです。

 

パンパーの装着は、新方式の「Quick Lockシステム」により工具を必要としません。ロックは腕時計のリュウズをモチーフとした大きなネジを、手で締め込むことで安全・確実にバンパーを固定します。バンパー内側のiPhone本体と接触する部分には特殊シリコンが貼り付けられており、接触傷を防止すると共に万が一の落下の際にiPhone本体を保護します(※2)。

※1 Computer Numerical Control=コンピュータ制御による切削加工

※2 落下の程度により、本体を保護できない場合もございます

 

主な仕様

iPhone 6用

製品素材:アルミニウム(本体両側面、固定用ネジ)、カーボンファイバー(本体上下、ストラップピン)、シリコン(スペーサー)

表面処理:アルミニウム部:アルマイト(陽極酸化皮膜)、カーボンファイバー(特殊コーティング)

製品寸法:約W81.0×D144.0×H9.0 (mm)

製品重量:約15 g

対応機種:アップル社製スマートフォン iPhone 6 ※iPhone 6 Plusは非対応です

備   考:ストラップフックを下部に装備

 

iPhone 6 Plus用

製品素材:アルミニウム(本体両側面、固定用ネジ)、カーボンファイバー(本体上下、ストラップピン)、シリコン(スペーサー)

表面処理:アルミニウム部:アルマイト(陽極酸化皮膜)、カーボンファイバー部:(特殊コーティング)

製品寸法:約W87.0×D162.0×H9.5 (mm)

製品重量:約19 g

対応機種:アップル社製スマートフォン iPhone 6 Plus ※iPhone 6は非対応です

備   考:ストラップフックを下部に装備

 

「Deff」ならびに「CLEAVE」ブランドについて

弊社の社名である「Deff(ディーフ)」は、Design Evolution For the Futureから取っています。「独創性の高いアイデア「と」進化するデザイン」で、時代に合ったライフスタイルの提案と、その未来を創造したいという想いを込めています。

 

モノが溢れる昨今に於いて、ユーザーが利用するリアルな環境によって変化する「使いやすさ」と「最適な素材」を考えた設計に機能美を加え、加工の難しい素材やデザインでもこだわりのモノづくりを追求しています。

 

製品の企画とデザインは社内で行われており、製造現場では妥協の許さない要求と管理体制が、高度な加工技術と品質を支えています。

 

「CLEAVE(クリーヴ)」は、その単語の意味である「切り開いて進む」という部分が製品が削り出されて作られるという部分にかけています。弊社が発売する金属精密加工製品にはCLEAVEというブランドが付けられています。今後も高品質で魅力的な製品の開発、市場投入に努めていきます。

 

TakuYahara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

Deffデザインディレクター 矢原 拓(Taku Yahara)
1978年生まれ。2003年よりプロダクト/グラフィックデザインを中心に活動を始める。
2004年から2009年までの間に、14製品でグッドデザイン賞を受賞。
2006, 2014年ドイツiFデザイン賞受賞。2012年ドイツred dotデザイン賞受賞。

 

 

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

SUBARUオンラインショップ カスタマーセンター

https://www.subaruonline.jp/member/cart/index.php/mquestion

TEL. 03-6860-5428 受付時間:平日10:00〜18:00 (12:00〜13:00、土日祝日を除く)

 

ディーフ株式会社 プレス窓口 霜田(しもだ): E-Mail kenichi.shimoda@deff.co.jp  TEL.03-6450-1578

このプレスリリースに関する詳細情報は、以下の当社ホームページにて閲覧できます。

オフィシャルサイト http://www.deff.co.jp/  Facebook  http://www.facebook.com/Deff.fan

 

「iPhone」はApple Inc. の商標です。

そのほか文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

商品の仕様について予告なく変更される場合がございます。

ARCHIVES

  • 2020 (49)
  • 2019 (67)
  • 2018 (44)
  • 2017 (41)
  • 2016 (46)
  • 2015 (75)
  • 2014 (36)




DeffとLINEで友だちになる(スマホのみ)
↑ぜひLINEでお友だちになってください。
最新情報やお買い得情報、LINE@限定情報など配信中!


パソコンの方は↑のQRコードからスマホで読み取っていただくか、
LINEにて「友達追加」→「ID検索」→「@hnd2247f」で検索してください。



Instagram
↑InstagramにDeff公式アカウント開設しました
ページの先頭へ戻る